中学生以上のお勉強

中学生の部活動 | バドミントンを1年間続けた時にかかる費用まとめ

 

中学校に入学して、部活動でバドミントンを始めた長女。
入学当初は帰宅部の予定だったのが一転。

長女
長女
6年生の子に部活やらないって言ったらバカにされたから、何かやる。
絶対に運動神経よくないとできなさそうスポーツは避ける。

 

負けず嫌いの長女らしい理由で、候補に挙がったのはテニスとバドミントン。
熱中症になりやすい体質を考慮して、屋内競技を選びました。

学校活動とはいえひとつの競技に真剣に取り組むと、当然ですがお金がかかるんです。
初期費用・都度払うもの・その他もろもろ。
そこで今回は「バドミントンを1年間やってみて、どんなことにどのくらいのお金がかかったのか」をまとめてみました。

我が家は札幌市在住、札幌市立の中学校に通っています。

中学生がバドミントンを始めたら

まずは1年間でかかった費用の一覧表です。

 一 覧金 額
  部活動費4,000
  協会登録料1,200
  シャトル(3000円/学期)9,000
  練習着(2000円/1着)4,000
  ユニフォーム10,000
  アンダーウェア(上・下)4,600
  ラケットバッグ9,600
  バドミントンシューズ4,800
  バドミントンラケット7,900
  バドミントンラケット10,500
  ガット1,100
  ガット張り替え料金1,600
  部活外/練習着(上・下)5,100
  部活外/シャトル4,100
  サポーター(膝・足首)3,200
  その他(大会参加費・交通費など)
  計80,700

 

入部を決めてすぐにかかる費用

部活動への加入は、部活動費の支払いが必須条件です。
これが済んだあと下記の費用が発生します。

  • (部活動費)
  • 協会登録料
  • シャトル1学期分
  • 練習着
  • バドミントンシューズ
  • バドミントンラケット
  • ガット
  • ガット張り替え料金

 

部活動費は中学校へ、協会登録料は札幌バドミントン協会へとそれぞれ支払います。
シャトル代、練習着の取りまとめは顧問。

長女
長女
練習着は洗い替えなしでもいいけどね。

 

ジュニアからやってきた経験者なら6月の中体連に出られますが、初心者の長女はひたすら基礎トレーニングの日々です。
素振りの練習もあるため、GW明けまでにシューズとラケットを用意する必要がありました。

 

大会出場のためにかかった費用

新人戦は10月でした。
そこまでにかかった費用は下記のとおりです。

  • ユニフォーム
  • アンダーウェア(上・下)
  • ラケットバッグ
  • バドミントンラケット

 

ユニフォームは部の斡旋ですが、アンダーウェアは任意です。
YONEX(ヨネックス)などメーカー商品でなくても大丈夫ですが、素材が薄くて透けるのでないのは困ります。

 

試合中にガットが切れると困るので、ラケットは2~3本持っている子がほとんどです。
そうなると、ラケットバッグが必要になりますね。

 

その他にかかった費用

部活外での練習着とシャトルについて

区の体育館には利用時間割があり、バドミントンの利用時間を確認して部のメンバーと練習に行くことがあります。
その際に中学校の指定ジャージと練習着で行くのはどうかという話になり、YONEXのバドミントンウェア(Tシャツ・ハーフパンツ)を購入しています。

練習に必要なシャトルも各自で準備します。

 

長女
長女
ちなみに部活では、ちゃんとした羽根じゃないシャトル(ナイロン製)のことを”外来種”って呼んでる(笑)

 

サポーターについて

部活を始めた当初、膝に痛みを抱えていたので購入したものです。

運動部に入部したての1年生が取り組むのは、まず体力作り。
今まで運動したことがない長女は、毎日の走り込みや筋トレで全身筋肉痛の状態が続いていました。

バドミントンは特に下半身の強化が中心で、しばらくするとヒザの痛みを発症。

最初は本人も筋肉痛だと思っていたようですが、あまりにも改善されないのは心配です。
スポーツ外来のある整形外科を受診したところ、「オスグッド(・シュラッター)病」「ジャンパー膝」との診断を受けました。

オスグッド用の膝サポーターを使ってみた!成長期のスポーツ障害と部活動の話

 

交通費・大会参加費について

これは各自で変わってくるので金額は載せません。

試合会場は徒歩圏のこともあれば、電車やバスを乗り継ぐこともありなかなか大変です。
顧問が引率することはなく、先輩が過去の経験をもとに先導してくれますが……乗り継ぎに失敗して、吹きすさぶ寒風の中で待ちぼうけしたこともありました。

むっちー
むっちー
我が家は車での送迎ができないため、長女本人に頑張ってもらいますよ。

 

最後にまとめ

バドミントンを1年間やってみて、どんなことにどのくらいのお金がかかったのか。
これから始めようと考えている方の参考になるでしょうか。

ラケットも素振りのうちは初心者用でいいのですが、続けているうちにガッドの種類や張り具合が気になるようです。
そういったことがわかるようになると、筋肉痛の日々ながらも楽しめるようになるのでしょうね。

こだわり過ぎるとキリがないけれど、気持ちはわかりますよね(*´m`)
用具類は1年目だからかかるものが多く、2年目はグッと費用負担も減るのでちょっと安心しています。

勉強も部活も、どちらも中途半端にすることなく頑張りたい長女。
その背中を押しながら金額の大きさに驚いた1年間でした。

ABOUT ME
むっちー
三姉妹シングル母さん@北海道。 貝柱2年目(not 大黒柱、まだまだ頼りない世帯主) 直感で動くタイプのくせに、現実を見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子どもたちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。