子育て

子どもの「できた!」を増やす衣類の片づけ方

チェストハンガーラックのレビュー

 

我が家の子どもたち、着々と新生活に向かっています。
4月から長女が中学生・三女が幼稚園児になるため、購入した制服類ですでに家の中にはモノがあふれている状態です。

これからますます増えていくでしょうね。

残念ながら、住んでいるマンションは収納力が乏しいです(モノが多いとも言う)
そして何より「カビやすい」ことが大問題。

流氷シーズン、一番寒さの厳しい季節になりました。
室内と室外の温度差が激しくなると、RC構造のマンションは結露が滝へと変化していくわけですが……玄関なんて水滴と水たまりでビチャビチャ。

破損だらけのマンションを修理してもらえない件

 

引っ越してきた時のまま詰め込み気味だった和室の押入、あっさりと逝きました(-人-)
クロスが剥がれて、床板が黒ずんで、何よりとってもかび臭い!

押入から出したまま和室に置きっぱなしのもの、洋室のクローゼットに突っ込んだもの。
雛人形もバスタオルをかけたまま放置(笑)

ということで、今回見直したのは三女の衣類。
普段着と幼稚園の制服・バッグ類をまとめて収納できるように、子ども用のハンガーラックを用意しましたよ。
アイリスオーヤマの「キッズチェストハンガー」です。

 

子どもが自立できる収納方法を考える

キッズチェストハンガーの規格

  • 横幅:61.7~81.8cm
  • 奥行き:40cm
  • 高さ:140cm(キャスターなしだと135cm)
  • 耐荷重:ハンガー約8kg・天板約3kg・スライドパイプ約2kg
  • 引き出しサイズ:20.8cm×33.3cm×17.7cm
  • デザイン:ディズニーキャラクター・パステルカラー
  • キャスター6つ付き

 

>>>キッズチェストハンガーの商品ページより|アイリスオーヤマ

 

広めの天板に引き出しが4つ

こちらのキッズチェストハンガーは「ディズニーキャラクターデザイン」と、「パステルカラーデザイン」があります。
我が家は、パステルカラーデザインのパープル&ピンク。

天板には、幼稚園のリュックや帽子を置きます。

ハンガーチェストを使った衣類の片づけ方を考える

そして引き出し、17.7cmの高さ(深さ)があって見た目より収納力があります。
110cmの服だとこのくらいのボリューム。
ここに、三女の服を全部片づけることができました。

ハンガーチェストの収納量

ハンガーパイプは伸ばすことができる

黄色い円の部分、ここがスライドパイプになっていておよそ10cm引き出せます。
真ん中部分ほど重いものは掛けられませんが、帽子や小さなバッグ類なら十分ですよ。
両サイドについていて、それぞれ10cmずつの計20cm。

ハンガーチェストのポール

ハンガーラックには、外出用の防寒着・パーカーなどのはおりもの・幼稚園の制服をかけておきます。
我が家はキャスターなしで使っているので、高さ135cm。
身長100cm足らずの三女では届かないので、最初は踏み台を使っていました。

 

試行錯誤の末、現在は百均のアイテムを追加。
ハンガーホルダーですが、一般的な用途は洗濯物の偏りを防いだり、まとめて取り込めて便利!というもの。

こちらをハンガーパイプにセットすると、ハンガーをかける高さが13cm下がります。
コレ、いいです( ´∀`)b

 

必要なものが1ヶ所にまとまっていると、時間短縮になりますね。
長女と次女の衣類は洋室で、三女は和室、朝の忙しい時間帯に支度の邪魔をし合わない環境にできたこともよさそうです。

「ちょっと待って」とグズりを減らしたい

待たせて機嫌を損ねて泣かせて、それにイライラしてつい怒鳴ってしまう、残念な悪循環です。
それなら、自分で頑張ってもらいましょう。

  • 毎日の習慣を身につけること
  • できることは自分でやること
  • できないことは「手伝って」と言えること

 

三女が自分で服を選んで、着替えて、はおりものを持ってきます。
余程ヘンテコリンでなければ、コーディネートもお任せでOK。
肌着が飛び出ていたり靴下がねじれていたら直してあげて、ファスナーやボタンができなければ手を貸して。

三女
三女
いってきまーしゅ!

----------

三女
三女
おたーしゃん、ただいま!

 

リュックを下ろして、帽子を脱いで、自分で片づけます。
ここでもできないことには手を貸しながら、ひとつひとつ教えてあげればいいですね。

やりたいと思った時が成長する時

育児本なんてロクに読んだことはありませんが、3人の子育てで心掛けているのは「子どものやりたいタイミングにあわせること」です。

子どもの自立心をさまたげて、成長の芽をつまないこと。

自立と依存を行ったり来たりしながら大きくなっていくので、すぐに突き放すことはしないで長い目でトレーニング。
残念ながら、実際にはチョーがつくほどイライラしますけどね。

やりたいこととできることは別ですし、キチンとできるまでには別のグズりもついてきますよね。
じょうずにできたと笑顔で拍手の日もあれば、なだめすかしてイライラしながらため息の日もあります。

 

それでも、少しずつできるようになっていくから大丈夫。
小さな成功体験の積み重ねが大切。
「できた!」を増やすためのキッズチェストハンガー、大活躍してくれることに期待しています。

ABOUT ME
むっちー
三姉妹シングル母さん@北海道。 貝柱2年目(not 大黒柱、まだまだ頼りない世帯主) 直感で動くタイプのくせに、現実を見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子どもたちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。