いろんなこと

「ドラゴンのタマゴ」という食玩をご存知か

ドラゴンのタマゴを買ってしまった

 

次女
次女
コレナニ?

 

次女、相変わらず言葉の足りない女子である。

「コレって言われても、何のことだかわからないべさ!」というのは、ことが起こってしまったあとのこと。

我らが気づかぬうちに、三女が買い物かごへと入れていたのは「TATSUMIYAのドラゴンのタマゴ」だったのだ。

ドラゴンのたまごを買ってしまった01

 

という、残念なお知らせ。

 

「ドラゴンのタマゴ」買わされた話

TATSUMIYAのドラゴンのたまご。

鶏卵サイズですが恐らく食玩……それともガムがおまけ(。´・ω・)?

切り詰めた生活をしているというのに、チューインガム1枚入ったこの食玩は324円もしました。

 

とりあえずレビューしておく

箱の中にはドラゴンのタマゴが1つ、そして育て方の注意が書かれた紙っぺら1枚。

むっちー
むっちー
とりあえず、読んでおくよ。

 

  • 暖かい方が早く大きくなる
  • 冬は水が冷たいようなら少しだけお湯を足す
  • 夏は直射日光を避けて涼しいところに置く

 

ドラゴンのたまごを買ってしまった02

 

注意より気になったのは箱の裏書き。

  • 24~48時間でタマゴからドラゴンが顔を出します
  • 更に48~72時間でドラゴンが最大の大きさ(3倍)になります
  • 乾くと小さくなります

 

何となくスッキリしない文面だけれど、難しいことも書いてませんね。

ドラゴンのたまごを買ってしまった03

 

3倍の成長を許容できて、成長具合を観察できる透明の容器はなく。

とりあえず一番太っちょのグラスを持ってきましたよ。

 

水に入れた直後のタマゴ

裏書きのイラストは3倍に見えないけれど、このグラスが許容できるかも怪しい。

ドラゴンのたまごを買ってしまった04

 

24時間後のタマゴ

角度やら距離やらおかしいけれど、まあいいです。

見た目の大きさに変化なし。

ドラゴンのたまごを買ってしまった05

 

上から見ると殻にはヒビが入っていて、触りたい三女が左側からチラリ。

ドラゴンのたまごを買ってしまった06

 

48時間後のタマゴ

頭は出ているのにこれ以上は広がらず、剥くことにしました。

ドラゴンのたまごを買ってしまった07

 

三女が頑張って剥いてくれました。

三女
三女
あなたはだあれ?あなたはだあれ?
ドラゴンのたまごを買ってしまった08

 

そして更に48時間後

「死をつげる翼 ギギガガ」です。

3倍は言い過ぎだけれど、2倍くらいにはなったのかしら。

長女
長女
うわー、ブルブルしてて気持ち悪い!
ドラゴンのたまごを買ってしまった09

 

ちなみに自立しません。

大きくなった頃には三女の興味もなくなり、部屋の隅に投げられたままです。

 

三女がドラゴンのタマゴを欲しかったワケ

三女
三女
ちろちゃんたべる、たべるのー!!!

 

ちろちゃんこと、三女。

ドラゴンのタマゴをチョコエッグと勘違いしたご様子で、食べられないと知りイヤイヤ期全開で暴れておりました。

チョコエッグも食べるところの少ないおやつなので、未就学児の目の高さに陳列するの本当にやめていただきたい(笑)

 

ということで。

三女はよく買い物かごに好き放題入れる子ですが、「いらないよっ!」と「しょうがないな」に大別されます。

一番高かったのはスープカレーの素。

「スープカレー専門店」「札幌らっきょ」の監修、「スープカリーの匠」の辛いやつです……数ヶ月経ちますがまだ食べていません。

 

手強い年頃のお子さんをお連れの際には、ぜひお気をつけあれ。

ABOUT ME
むっちー
北海道の三姉妹のお母ちゃん、シンママ1年目。 直感で動くタイプのくせに、現実見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子供たちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。