子育て

小学生低学年向け|自由研究の取り組み方・まとめ方

低学年の自由研究の取り組み方まとめ

 

長い長い夏休み、面倒くさい課題といえば昔も今も「自由研究」ですね。
先延ばしにしてギリギリになって、最終的には「親が全部作りました!」なんてこともよく聞くお話ではないでしょうか。

どうせなら、子どもが中心となって楽しく終わらせてくれたら親は大助かり(´▽`)

そこで今回は、実際にやってみておすすめだった自由研究「色水作りの実験」「ひたすらなわとびチャレンジ」をご紹介します。

こちらは低学年向けの内容になっていますよ!
「自由研究ってどんなことをすればいいの?」という疑問を解消!子ども自身の力で、楽しく達成感を得て欲しい方におすすめです。

 

いろんな色水を作って色の変化を観察しよう

きっかけはバラエティ番組で、「あさがおの花を水につけてしぼって色水を作る」という場面に興味を持ちました。

小1といえば、学校であさがおを育てるのが定番ですね。
我が家ではその種を取って毎年植えているのですが、しぼんだあさがおをつんで水につけてみたところ、なかなかきれいな色になりました。

 

初めて作ったあさがおの色水

2日ほど放置すると、しぼらなくてもきれいな色が出ます。

朝顔の色水

 

しぼった色水の写真を撮ってファイリングするだけでもOK。
私たちは親子で取り組んだので、1ステップ上げて加熱を取り入れてみました。

  • これで布を染めたらどうなる?
  • ほかにもキレイな色水のできるものはある?

 

しぼった色水と加熱した色水を比べてみよう

まずは問題、以下の①から⑤の写真は一体何の色水でしょうか?
左がしぼった色水で、右が5分間加熱した色水です。

朝顔の色水

 

玉ねぎの色水

にんじんの色水

 

なすの色水

 

緑茶の色水

 

実験に必要な材料

  • 色水の材料:野菜や花など
  • 容器:色水を入れるもの
  • 割り箸
  • 画用紙・ボール紙・模造紙など:まとめるためのもの
  • 小さなチャックパックの袋
  • 両面テープ

 

色水の材料以外はすべて百均そろいますが、布は素材によって染まりにくいものがあるのでチェック!
撥水性のあるガーゼより手ぬぐいのような素材がいいので、購入時には気をつけてくださいね。

 

実験の手順とまとめ方

まずは手順を考えて、それに沿って実験を進めていきます。

  • 色水はもむ、しぼるなどの方法で作る
  • 色水に小さく切った布を入れて5分間加熱する
  • しぼった色水と加熱した色水、それぞれ計2枚の写真を撮る
  • 染めた布は乾かしてから、小さなチャックパックの袋に入れる
  • 写真と布は、実験をまとめる画用紙に両面テープで貼る

 

そこに「どのような変化があったのか」などのコメントを、手書きで入れていきます。
染まりやすかった、染まりにくかった、色が変わった、変わらなかったなど、簡単にひとことでも大丈夫。
箇条書きでいいです。

画用紙1枚に対して素材は1つ、表紙はボール紙で作りました。
最後に2穴パンチで穴を開けてリボンで閉じたら、あっという間に完成です。

 

先ほどの正解ははこちら

  1. あさがお
  2. 玉ねぎの皮
  3. にんじん
  4. なすの皮
  5. 緑茶

 

実験のまとめ方

 

あさがおとにんじんはしぼり汁がとてもキレイなのに、加熱するとくすんだ色になってしまいました。
逆に玉ネギは、加熱すると深みのあるキレイな色に変化。
1日1つ取り組んだとしても、1週間あればじゅうぶんな作品が仕上がります。

 

なわとび何回とべるかな?

こちらは、体を動かすことが得意なお子さんにおすすめです。
もちろん苦手を克服するためのチャレンジとしてもOK!

「なわとびなんかいとべるかな?」と題してお天気のいい日になわとびを飛んで、この記録を一覧表にしていくだけなので簡単です。

 

記録に必要な道具

  • なわとび
  • 筆記用具

 

記録の手順とまとめ方

一覧表はエクセルで作ってコピー用紙に印刷、画用紙に貼りつけてから全体のデザインを考えていきました。

  • 前半:前飛び・後ろ飛びの回数を記入していく
  • 後半:二重飛び・交差飛びなどのあやとびの回数を記入していく

 

記録を視覚化することで「頑張った成果」がわかりやすくなります。
これが自信に繋がった次女は前飛びが300回を超えて、学年で1位2位を争うほどのなわとび名人になりました。

自由研究が完成して、やる気スイッチまで押してあげることができました。

 

学校の先生がおすすめする自由研究

先生に直接お伺いしてみると、堅苦しく考えなくて大丈夫とのお返事でした。
例えばこんなことに取り組めばいいそうですよ。

  • 鍵盤ハーモニカやリコーダーで、1曲ひけるように練習する。
  • 縄跳びをたくさん飛べるように、毎日練習する。
  • 百マス計算に、毎日取り組む。

 

立派なものを作ることより、家庭学習のように「コツコツと継続すること」を求められていると感じますね。

 

最後にまとめ

親子の取り組み・子どもの取り組み

私の方針は「アイデアは出すけれど、極力手は出さない」です。
今回もIHクッキングヒーターを使う時に監督として立ち会ったので、ほとんど次女の力で作っています。

  • 子どもが1人で取り組めるもの
  • それなりに形になって達成感のあるもの

 

親子で一緒に取り組んで、そのプロセスを学ぶ方法もあるでしょう。

  • 普段はできないような立派な作品を作りたい
  • お父さんと一緒に工作をしたい
  • お母さんと一緒に料理をしたい

 

どういったスタイルにするのかは、それぞれのご家庭で相談してみるといいですね。
普段なかなか親子の時間の取れない方には、コミュニケーションを取る絶好のチャンスになりますよ!

 

興味・関心を持って取り組めるか

子どもの理科離れが進んでいると聞きます。
実験などは楽しいけれど、生物は「見た目が気持ち悪い」というだけで苦手意識に繋がってしまう子もいるようです。

けれどこんな小さな実験でも「面白い」と思えたら、次の興味に繋がるかもしれません。先にも述べましたが、気づきは日常の中に転がっています。

【関連】自由研究にオススメ!超簡単にできるホウ砂を使ったスライム作り

 

例えば家庭菜園でも、作物の成長を見ながら何となく「そういうものだ」と知識を得たことが、学校での学習に繋がることもありますよ。
野菜の苗を見て作物がわかるようになった、それだって学びです。

親子クッキングをして、その過程をまとめたら立派な作品になりますね。

【関連】レシピ|親子で作れる簡単手打ちうどん

 

難しいことをする必要はないんです。
子ども目線で見つけた小さな興味を膨らませて、その好奇心を満たしてあげられたらそれで十分だと思っています。

子どもたちの世界を豊かにする、楽しい自由研究と出会えますように!

ABOUT ME
むっちー
三姉妹シングル母さん@北海道。 貝柱2年目(not 大黒柱、まだまだ頼りない世帯主) 直感で動くタイプのくせに、現実を見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子どもたちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。