子育て

自由研究にオススメ!超簡単にできるホウ砂を使ったスライム作り

スライムの作り方まとめ

 

小学生が大好きスライム作り、自由研究にも大人気です。
ぷよぷよとした手触りを楽しむものだと思っていたら、次女はブチュブチュとした音まで楽しんでいるのだとか( ゚Д゚)!!

しょっぱなから余談ですが、サティスファイング動画ってご存知ですか?

「サティスファイング動画」とは、ある特定の作業の繰り返しや、完全にパターン化された動作や機械作業を、ゆったりとした音楽に合わせて流す、ビデオクリップのことだ。

静かなる流行、「サティスファイング動画」とはなにか?|BISINESS INSIDER JAPAN

 

サティスファイング(satisfying)は、「満足を与える・十分な」という意味の形容詞。
心が満たされたり癒されたりする、ということでInstagramYouTubeを中心に流行しているんですね。#satisfyingvideos のタグで検索すると、次々と出るわ出るわ!

いよいよ自分でも作り始めた次女、今回はスライムの作り方をレポート形式でご紹介です!
必要な材料・道具、順を追ってご説明しますね。

スライム作りの材料と必要な道具

スライムの材料

  • ホウ砂:4g
  • 水:150ml(洗濯のりに100ml・ホウ砂に50ml)
  • PVA洗濯のり 100ml

 

スライムの材料

ホウ砂を扱う時の注意点と売り場

スライムにはいくつか作り方があるようですが、ここでは『ホウ砂ほうしゃを使った』スライム作りになります。

ホウ砂は鉱物(ホウ酸塩鉱物)の一種で、ホウ素の原料鉱石です。
スライム作りで使用する量は少ないので、手で触れる分には大丈夫。ただし小さなお子さんの場合には誤飲の危険があるため、大人が注意して監督・見守るようにしてくださいね。

目を離してはいけません。

 

耳慣れない名前の商品ですが、ドラッグストアの消毒液のある売り場にありますよ。
洗濯のりはワイシャツなどをパリッと仕上げる時に使いますが、その中でもPVA(ポリビニルアルコール)を主成分とした化学のり(合成のり)を選びます。

キーピングでは固まらないので要注意!

ちなみに、今回はツルハドラッグで購入しています。
お値段はホウ砂429円、洗濯のり192円です。

 

スライム作りに必要な道具

  • 容器
  • スライムを混ぜるもの(割りばしでOK)
  • 色をつけるもの:食紅・絵の具・水性ペン
  • 新聞紙

 

蓄光パウダーで着色してみるのも、面白そうですね!

 

後片付けのことを考えて、ペットボトルで容器を作りました。

スライム作りの道具

スライムの作り方(音フェチさん向け)

ホウ砂のパッケージ裏面に、作り方が載っているのでそちらを参考にしましたよ。

スライムの作り方

洗濯のり液の作り方

①洗濯のり100mlを、水100mlに溶かします。
まずは、容器に水100mlを入れて。

洗濯のり液の作り方

続いて、洗濯のり100mlを入れます。

洗濯のり液の作り方

②洗濯のり液に、絵の具や食紅(分量は適当)で色をつけます。
色をつけないで作って、できあがってから水性の色ペンでスライムの表面を塗っても色がついます。
ドラクエのスライムっぽい色味になります。

洗濯のり液の作り方

ぐるぐるとよく混ぜますよ。

洗濯のり液の作り方

ホウ砂液の作り方

③ホウ砂4gを測ります。
1箱500gのホウ砂ですが、1回に使うのはほんの少しです。

ホウ砂液の作り方

④水50mlを入れて混ぜます。
こちらもぐるぐると混ぜてください。

ホウ砂液の作り方

⑤洗濯のり液に、ホウ砂液を少しずつ加えていきます。

洗濯のり液とホウ砂液を合わせる

入れた部分から固まっていくので、素早くかき混ぜますよ。
ぐるぐるぐるぐるっ!

洗濯のり液とホウ砂液を混ぜる

⑥ほどよく固まったら完成!
にょにょ~ん、なかなかよく伸びるスライムです。

ホウ砂が多いと固くなり、水が多いとやわらかくなります。

スライムの完成

実際にスライムで遊んでみる

念願のスライムに大喜びの次女。

スライムの完成

次女のお付き合いかと思いきや、結構ノリノリで作っていた長女。

スライムの完成

YouTube(ユーチューブ)に動画をアップロード

「YouTubeに動画ってあげられるの?」

次女の興味は尽きることがないのか、根負けした母はチャンネルを作りました。
TEKU⁺ちゃんねる』です。

スマホを手持ちして動画撮影をしたものなので、画面酔い注意です。
次女の自己満足動画ですが、なるほどコレが音フェチかと。

自由研究にするなら「スライムパレット」で

こちらのスライム作りは、自由研究にもおすすめですよ!

その際には「スライムパレット」にすると見た目にも楽しめますね。
アクセサリーやビーズを仕分け収納する時に便利な、プラスチック製の平たいケースが百均に売っていますが、それに色とりどりのスライムを並べたものです。

 

最後にまとめ

作ったのは、赤と緑の食紅入りと無着色でビーズのみを入れたもの。

カラフルなスライム

反省点とチェックポイント

  • ビーズはこねている間に飛び出してくるのでイマイチ
  • 食紅は衣類などにつけると落ちにくい
  • スライムは下水に流さない(捨てる時には燃えるゴミへ)
  • 口に入れない
  • 遊び終わったらしっかりと手洗い

 

今回はひとつひとつ材料をそろえましたが、簡単に楽しみたい時には作成キットがラクチンです。

 

後片付けはしっかりと!

余ったホウ砂や洗濯のりは、必ず子どもの手の届かないところに保管してください。
勝手に作って事故が起こると大変です。

後片付けをしましょう

容器にラップをして密封、空気に触れないようにしてくださいね。涼しいところ(冷暗所)で保管していますが、10日経ってもまだまだ使えます。
約束ごとはしっかりと守って、安全に楽しく仲良く遊んでくださいね!

ABOUT ME
むっちー
三姉妹シングル母さん@北海道。 貝柱2年目(not 大黒柱、まだまだ頼りない世帯主) 直感で動くタイプのくせに、現実を見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子どもたちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。