いろんなこと

子供が熱中症になった!原因と予防対策まとめ

 

北海道、特に札幌に関していえば熱中症は起こります。

高齢者が一番多いようですが、それ以外の世代でも可能性は十分にあるため注意が必要です。

 

総務省の平成29年7月の熱中症による救急搬送状況によると、救急搬送人員数は全国で2万6702人でした。

前年同月より8031人多く、そのうち北海道では899人。

さほど多くないように感じるかもしれませんが、全国で9番目の多さでした。

そしてこれは「救急搬送」された人数でしかありません。

 

今回は、熱中症で学校行事をリタイアした長女の経験をシェアします。

原因や予防対策など、ぜひ確認してくださいね。

 

熱中症の原因と予防対策を知る

熱中症になりやすい条件

まずは、長女が熱中症になった日の気候です。

この日は125年振りの真夏日続き、しかも前日の雨で蒸し暑く、tenki.jpによると熱中症は「厳重警戒」状態でした。

こちらを見てみると、WBGT値(暑さ指数)というものが出てきます。

熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。

暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい

①湿度
②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境
③気温

の3つを取り入れた指標です。

環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数とは?

 

上記サイトには、日常生活・運動・作業者に関する指針が表で分かりやすく掲載されています。

 

熱中症の原因

さまざまな要因が重なり合って起こるものなので、「これが原因」と特定するのは難しいです。

熱中症を引き起こす条件は、「環境」と「からだ」と「行動」によるものが考えられます。

「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。

「からだ」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあります。

その結果、熱中症を引き起こす可能性があります。

環境省熱中症予防情報サイト 熱中症の予防方法と対処方法

 

今回の原因になりうると感じたもの

  • 35℃を超える屋外での炊事
  • 湿度がとても高かった
  • 炎天下で立ちっぱなしの時間があった
  • 長袖・長ズボン・タオルで首巻きをしてのハイキング
  • 休憩や水分補給を取れなかった
  • 長女の体質

 

長袖・長ズボン・首巻きはマダニ対策。

長女は小さな頃からあまり汗をかくことがなく、熱が体にこもりやすい体質です。

低体温(平熱が35.5℃)も影響しているでしょうか、暑さに弱く真夏日になるとグッタリしてしまうことが多いことは認識していました。

熱中症を疑う症状

めまい・失神・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の発汗・頭痛・不快感・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・意識障害・けいれん・手足の運動障害・高体温

 

長女の場合は、吐き気・嘔吐・(軽度の)高体温。

この日はニュースでも、熱中症での救急搬送が1週間で4000人を超えたと言っていました。

死者も出ているので安易に考えてはいけませんね。

 

125年振りならば、想定の範囲外であることは間違いなく。

こちらの宿泊施設の利用はくじ引きで決まるそうで、もちろん先生方にも責任はありません。

秋の涼しい季節が当たればラッキー♪くらいのものです。

 

熱中症を予防するために

  • 通気性のよい素材など涼しい衣類を選ぶ
  • 日陰に入ったり日傘や帽子を使う
  • こまめに水分補給・塩分補給をする
  • 規則正しい生活を心がけ体調を整える

 

下記サイトは具体的な説明が多く、わかりやすいのでご参考まで。

>>>熱中症の予防・対策|熱中症ゼロへ

 

汗をかくと電解質が失われるので、水分だけでなく塩分も補う必要があります。

スポーツドリンクや経口補水液(OS-1)がオススメです。麦茶や水を飲む場合には、梅干や塩あめ・タブレットなどもいいですね。

 

長女が経験した熱中症のこと

長女の症状と経過

「吐いたので様子を見ています」と連絡が入ったのは18時前でした。

夕食前の時間だったようです。

休憩時間を挟んで夕食の配膳時間に具合が悪くなり、数回の嘔吐。

おそらく立ち直るのは無理だと思いましたが、本人がまだ諦められないだろうと思いそのままお願いしました。

 

そして20時過ぎ、回復するならば様子を見たいと言ってくださいましたが、嘔吐に加えて体温も微熱に。

その後20時半過ぎにリタイアが決定。

片道1時間以上の道のり(行先は山の中)をお迎えに行き、帰宅したのは23時半を過ぎた頃でした。

 

帰宅からほどなくして吐き気も落ち着き、朝までぐっすり眠ってから小児科を受診しましたが「心配しなくて大丈夫」の診断。

軽度の熱中症で済んだことは不幸中の幸いでした。

 

お友達の様子

翌日、バスの到着に合わせて学校へと出向きました。

この宿泊学習でのリタイアは計3名、2日目のリタイアが2日いたことを知らされました。

そのほかにも途中で体調を崩した子は多く、帰ってきた子供たちは真っ白な顔をしていたり、フラフラ歩いていたり、「私も吐いた」と教えてくれる子がいたり。

まともな状態ではありませんでした。

 

最後にまとめ

リタイアが決まった時、私は長女に伝えました。

むっちー
むっちー
何よりあなたの体が大事だから、しっかり元気になってまた楽しく学校に行こう。
だから帰っておいで、待ってるから。

 

楽しみにしていた学校行事をリタイヤするのは、とても残念なことです。

ほかのどんなイベントでも思い出は埋められませんし、慰めにはならないんですよね。

それでもやはり一番大切なのは、命。

「自分が経験して知ったことは、クラスの授業や4年生への報告の時に伝えていけたらいいよね」と話しました。

 

そして長女にも、自分の体と上手に付き合う方法を覚えて欲しいです。

夏の暑さには万全の対策を!

ABOUT ME
むっちー
北海道の三姉妹のお母ちゃん、シンママ1年目。 直感で動くタイプのくせに、現実見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子供たちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。