気になるもの

靴紐は踏むと危ない!靴ゴムを使ってみよう|キャタピラン

キャタピランの靴ゴムを使ってみよう

 

お子さんの靴を選ぶ時、「紐靴はちょっと」なんて思いませんか?

小さなお子さんの場合はマジックテープやスリッポンが主流ですが、小学校高学年にもなると、大人のサイズと変わらない子がたくさんいます。
マジックテープの靴も少ないです。

靴紐ってどんなにしっかりと結んでも、紐の素材によってはすぐにほどけたり。紐が長すぎて垂れ下がった部分を踏んでしまったり。
そもそも、ほどけても縛らない子がたくさん!
踏んでビッターン!と転ばないかと心配になってしまいます。

そんなお子さんをお持ちの方にオススメの靴紐、イヤ「靴ゴム」をご紹介。
結ばない靴紐「キャタピラン」はご存知ですか?

結ばない靴紐キャタピラン

まずは、キャタピランのご紹介を。

結ばない・ほどけない靴紐「キャタピラン」は ランニングを中心とするスポーツシーンや快適なライフスタイル向けに開発された商品です。

コブ状のふくらみとゴムひものような伸縮性を持ったキャタピランを装着することで、 シューズの脱ぎ履きが楽になるだけでなく、各種競技においてパフォーマンスアップも期待できます。

一度履いたらやみつきになる「究極のフィット感」を体験してみてください。

結ばない靴紐【CATERPYRUN】

 

3つの特徴

  • すぐ履けて、ほどけない
  • 足裏全体を使えるから、疲れにくい
  • 気持ちいいフィット感

 

スポンと脱げてしまう心配もなく自分の足にフィットするので、紐靴よりも動きやすくなることは間違いありません。

CATERPYは種類が豊富

少々脇にそれます。

CATERPYには[RUN](キャタピラン)の他に、[AIR](キャタピーエアー)があります。
[RUN]は文字通りランニングなどのスポーツやライフスタイル向けのもの、[AIR]はファッションコーディネートを意識したもの。
それぞれにカラーバリエーションが豊富です。

>>>CATERPY SHOP(オンラインショップ)

 

実際に装着してみた

我が家では、長女のスニーカーに使いました。
甲高でワイズ(足の幅)が広い長女、なかなか足に合うスニーカーが見つけられません。

子どもたちに人気のある「瞬足」も長らくはいてきましたが、学年が上がるにつれて段々とデザイン面で好みとズレてきた部分もありました。

>>>アキレスシューズ公式サイト

 

スニーカーの色に合わせて選んだのは、キャタピランの[ピーチピンク]です。
長さは75cmを選んでいます。

キャタピランのパッケージ

等間隔に少し固めのコブがついていますよ。

キャタピランの固いコブ

キャタピランの通し方

  • 先端を紐穴へ通す
  • 両サイドに引っ張りコブをなくすことでスムーズに通る
  • 紐の長さが左右均等になるようにする
  • 紐穴と紐穴の間隔は「コブが変形しない程度」

 

キャタピランの通し方

靴紐とキャタピランの違い

ちょっとはき古していますが、ご容赦。
紐の劣化が激しいのは、たびたびほどける靴紐を縛ることもせずに踏んで走り回っていたのが原因です。とっても危ない!

22.0cmのスニーカーにしっかりめに通したところ、コブが7つ余りました。
50cmを選ぶとギリギリになる予感。

キャタピランを通してみた

両方通してみるとこんな感じ、足元が明るくなりますね。

キャタピランを通してみた

長さが余ったら切ってOK。
長女にはいてもらって確認したあと、足に合わせてパツンと切り落としてしまいました。

キャタピラン装着完了

最後にまとめ

お外遊びに体育の授業、いろいろなシーンで確認してきましたがまったく問題なしです。
煩わしさもなく、靴裏がすり減るほどに毎日走り回っています。
安全安心、そして快適。おかげで靴選びの大変さも軽減されそうです。

キャンプやアスレチックなど、アウトドアにもうってつけですね。
蝶々結びが苦手な大人の方にもおすすめ♪

ABOUT ME
むっちー
三姉妹シングル母さん@北海道。 貝柱2年目(not 大黒柱、まだまだ頼りない世帯主) 直感で動くタイプのくせに、現実を見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子どもたちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。