ライフスタイル

借金のこと|「お金がなければ借金」という思考は病気

 

※当時のまま残しておきます。

「もう二度としない」と誓ってから、たったの半月です。
夫はあっさりとその約束を破ってキャッシングをしてきました、金額は1万4000円。
ですが、これは金額の問題ではありません。

どんな理由があれば、この借入は「正当である」と言えるでしょうか。

【関連】借金のこと|家族がギャンブル依存症になって

 

借金返済のためにキャッシングをすること

今回の借金返済に関して

まずは元凶となった借金について。

学資保険の返戻金は147万5830円、これを利用して消費者金融102万3099円(遅延損害金・手数料込み)を完済。
キャッシングを32万円繰上返済しました。

残債は13万9891円。
貸付利率(年率)18%、おおよそ2年半の返済期間になります。

本来は完済する予定でしたが、11月分の生活費が12万円ほど赤字になるため諦めることに。
理由は義両親からの援助金がなくなることと、欠勤6日です。

 

今後の返済額は、月5万2376円です。
返済に関しては、弁護士の無料相談を利用しました。

  • 消費者金融を完済できたこと
  • 夫が副業を始めたら支払える範囲の金額におさまること

※ただし、副業しないのなら話は別です。

 

弁護士相談の内容や夫の決断は、話を進める前に必ず確認しています。
基本的には夫の決断に「わかった」と言ってきましたが、個人的には考えが甘いのではないかと感じています。

債務整理をしてこれ以上の借入をできなくすることは、夫の現状を踏まえると有益です。
まだ副業のひとつも決まっていないのに安易な道を選ぶことは、どこかで「誰かが助けてくれる」というぬるい考えに繋がっていそうで。

住宅新築の際には保証会社を使っているので、誰かに借金が飛んでいくことはないとわかっています。
今後どうしても無理だった時に、自己破産が選択肢に入ると知れたことはメリットでした。

 

夫の態度からにじみ出てる「喉元過ぎれば感」

借金返済の内容を踏まえて、話を続けます。

消費者金融の督促状が届いて3週間。
夫の過敏性腸症候群(IBS)は治療から2週間が過ぎ、服薬は継続しているものの普段通りの食事ができるまでに回復。
子どもたちにも自然な笑顔が戻って、少しずつ穏やかな生活が戻り始めていました。

生活が元に戻るにつれて、気になるのは夫の態度です。
今回の件をきっかけに、上司からリモートワーク(体調を見ながら、出社/在宅勤務を選んで働ける)の話を持ち掛けられたと聞いていました。

その後どうなったのかを聞いてもあいまいな返事。
年末年始の帰省(副業に割くつもりがあるのか)について聞いても、もごもごと何を話しているのかわかりません。

副業に関して現在の夫がどうアプローチしているのか、私には一切わかりません。
何も話してくれないからです。
ストレスになってはいけないと私からは聞いていませんでした。

このタイミングで質問をしたのは、夫の健康状態が安定したから。
そしていつもなら、口先ばかりで態度が元に戻ってくる時期でもあったからです。

家族の貯金溶かして。
子どもたちの学費溶かして。
三女の療育にかけるはずだったお金を治療費に充てて。

まだ返済終わってない借金もたくさんある。

離婚回避したからって許されたわけではないのね。
周りの態度が軟化したからって、そこに浸ることを自分に許してるのが甘い。

 

この日の真夜中、私は夫の財布から1万4000円を見つけました。

 

お金はキャッシングしたものだった

「お財布に入ってる万札は誰からもらったの?」

夫への質問は翌日のお昼休みに。
LINEをしていたのですが、既読がついたのは夜になってからのことです。

あれは今月分のキャッシング分の支払いのお金です。
バイト始めて給料もらうまでは自転車操業しないといけないしね。

 

そのあと、お金に関して何を聞いても「自転車操業しかない」と言い張る夫。
これは許せる範疇のことでしょうか。

私に「今月分の支払い出して欲しい」と言うか、もしくは繰り上げの時点で1ヶ月分残しておくべきじゃない?
相談なしにキャッシングするって思考はいったいなんなの?

正当だと思ってるんだとしたら付き合いきれないんだけど。
私がするなと言ったのは、パチンコだけじゃないんだけど……何なの?

 

このたった1回のキャッシングで増えた利息は、2万3000円ほどです。

 

再び離婚を考え始めたこと

「もう二度としない」に説得力がない

気にかけてくれていた両親、そして子どもたちのことを思うと、夫の言動はひどく腹立たしいものでした。
やってしまったこと自体は、これまでと比べたらカスみたいなものです。
ですが、ここで問題になるのは金額ではありません。

それは小学生の子どもたちにだって、わかることです。
長女は借金を増やしたことに憤り、次女は「最低だ」とこき下ろし。

「話が元に戻ってるじゃん!本当ならこの週末に引越しするはずだったのに」

  • キャッシングをしたこと
  • 約束を破ったこと
  • 私に一切の相談がなかったこと

 

入籍日の深夜に借金を告げられて以降、お金に関する決定は私に一任されています。

離婚を回避したこと、半月前の時点では間違っていませんでした。
冷静に考える時間は必要でしたし、夫もここまでの言動すべてが間違っていたわけではありません。

ですがそれによって、子どもたちはまた不愉快な思いをする羽目になりました。
次女は数日経った今もまだ、引っ越し準備だと言って部屋を片付け続けています。

 

現実的な金額を把握してもらう

現在は内科を受診してIBSの治療をしている段階で、こちらも長引くようであれば心療内科での治療が必要だと言われています。

心も体も健康でなければ、何をするにしてもうまくいくことはありません。
今は、はやる気持ちを抑えて。

借金のこと|家族がギャンブル依存症になって

 

ゆっくりゆっくり見守るつもりでいた私たちの気持ちを、こんな形で踏みつけにされるとは思っていませんでした。
これ以上黙っていても、子どもたちを守ることはできません。

夫が副業で稼ぐ必要のある金額を、ざっくりと計算して一覧にしました。

 

生活費と借金返済分

生活費不足分3万5000円
おまとめローン4万0000円
キャッシング1万4000円
8万9000円
その他欠勤分

 

子どもたちの学資保険分

15歳祝金30万0000円
18歳満期100万0000円
学資保険130万0000円

 

  • 祝金分:9500円×5年間+4ヶ月(全64回)
  • 満期分:2万0000円×8年間+4ヶ月(100回)

 

8万9000円+(9500円+2万0000円)=11万8500円

 

今後増える支出

三女の児童デイ約4600円
三女の保育料約2万3000円
中学の学費検討つかない

 

もちろん、生活に必要なお金は私も稼がなければいけません。
夫に対して「覚悟はあるのか?」「やる気はあるのか」という確認です、12万円という金額を見ればまず無理だとわかりますしね。

ただし夫ができる限り副業でどうにかすると言い切ったので、離婚回避に至ったという背景があります。
口先ばかりで行動に移さない場合、金額を見て諦めると判断した場合、早々に離婚を決めてくれていいんです。
生活保護をもらいながらですが、もっと穏やかな環境で子どもたちを育てていきます。

金額を見た夫は「とりあえず、この分(借金2つ分計54000円)だけ」と言いました。

こだわっている時間でコンビニバイトでもすれば、多少の稼ぎになるというのに。
自分の都合にあった、できるだけ条件のいい働き口ばかり見ているので決まらないようです。

そのくせに「自転車操業しかない」と言って、易々とキャッシングしてきましたよね?
安易に借りてきた1万4000円のせいで返済は3ヶ月延びますが、言うと自分が悪いというのにイライラとした態度を見せてきます。

ふて腐れるところでも、逆ギレするところでもないわ。
私たちの怒りはさらに膨れ上がっています。

 

これからのことは決められない

このゴタゴタの渦中、義父が入院しているという知らせが入りました。

義父のガミガミ説教にドン引きしていた私ですが、普段とは違う様子を見て体調不良には気づいていました。
仕事を終えて帰ってきてから、400kmの道のりを2時間の休憩(といっても説教タイム)を挟んでとんぼ返りしたんです。

ただの風邪でもこじらせておかしくない場面でした。

私が直接聞いたわけではありませんし、病名もまだハッキリしません。
ただ長期的な入院が必要になることはわかっています。

あのガミガミ説教だって、義父のやるせない想いが詰まっていました。
手の貸し方は間違っていたけれど、息子に立ち直ってほしくてしんどい体をおして仕事を続けてきました。
それを裏切られたショックの大きさは計り知れません。

挙げ句の果てに、「離婚」と嫁に切り捨てられる姿を見ていました。
情けないですよね。

義父の病気は夫が与えたストレスのせい、私はそう思っています。
そしてほんの少し前には義姉も入院していたことがあり、私と子どもたちは義母の心労が気がかりなんです。

このタイミングで離婚話はできません。
ましてや、またキャッシングをしたなどとは絶対に言えません。
自分たちの生活が大切なのは間違いありません、でも今の義母を思うと身動きの取りようがないんです。

【関連】借金のこと|夫の自己破産に巻き込まれた家族

 

もうしばらくは、このまま頑張るつもりでいます。

ABOUT ME
むっちー
三姉妹シングル母さん@北海道。 貝柱2年目(not 大黒柱、まだまだ頼りない世帯主) 直感で動くタイプのくせに、現実を見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子どもたちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。