おうち

引っ越し先のマンションが破損だらけな件

賃貸物件が破損だらけなのは普通か

 

仕事も稼ぎもない、専業主婦の子連れ離婚です。

養育費は非免責債権で支払い義務があるものの、その金額の取り決めや公正証書の作成はできないから無理だと弁護士に言われたとのこと。

これって本当ですかね?

公正証書や年金分割はともかく、養育費に関しては支払わせる……といった内容も出てきます。

 

私の実家は遠方ですし、三女のことを考えると札幌を離れる選択はできませんでした。

もちろん姉ちゃんズも転校は断固拒否。

 

現状、生活保護を受給できなければ暮らしていけません。

11月と12月にそれぞれ1回ずつ、離婚を前提に区役所の保護課で面談をしています。

相談員
相談員
お伺いした内容だと受給はできると思います。

預貯金が10万円を下回ったら申請してください。

 

生活できるだけの預貯金があると、生活保護の申請はできません。

姉ちゃんズの学資保険は前夫に溶かされてましたが、三女の学資保険が残っていたので解約して返戻金を受け取り。

離婚後の生活費にしました。

 

あとは、長女の中学校入学のためにと残しておいたわずかな資金。

こちらで卒業式の服を購入、三女の防寒具や、区役所での手続き費用(交通費・謄本など)にも充てています。

 

引っ越し費用・家具家電の購入費用など、引っ越しに関する支払いは私の両親がすべて助けてくれました。

ありがたいことに、長女のスキー代もそのうちの1つです。

 

前置きが長くなりました。

というわけで、生活保護の「住宅扶助」として受給できる4万6000円を家賃の上限にしなければいけません。

管理費・保険料・町内会費などは含まず、純粋な「家賃」です。

 

比較的新しい地域でファミリー世帯が多く、2LDKの家賃は平均6万円台。

物件数は片手で数えられるいくつか(しかも昭和終盤から平成初期の物件)、悩みに悩んで決めた物件だったんですけども。

破損だらけで「さぁ大変!」です。

 

入居時点での破損ってどこまでが許容範囲なのか

お部屋探しでお世話になった黄色い不動産屋さんには、よくしていただきました。

管理会社は昨年末にはじけ飛んじゃったところですね。

 

強風で開き切った窓にロックがかかり、閉まらなくなりました。

トラブル対応専門のサポート会社に連絡すると、その日のうちに返答はなく……一晩待って問い合わせるとまさかの回答。

サポート
サポート
数日前にお問い合わせいただいてる修理があるので、それと一緒に28日に見るってことで管理会社から連絡を受けています。

 

真冬の北海道で窓が開きっぱなし。

確かに私が悪かったけれど、日数があくのだから「確認しにきました」くらいの対応があると親切ですよね。

修理業者さんがロック解除の方法を教えてくれました。

 

サポートセンターへの連絡

入居前日の20日・入居翌日の22日、サポート会社には2度連絡をしていました。

管理会社には、入居時のチェック用紙も提出しています。

 

サポート会社に連絡したこと

  • 玄関ドアの鍵が破損
  • リビングのドアが閉まらない
  • お風呂のドアが閉まらない・サビが落ちる
  • お風呂の蛇口から水漏れ
  • お風呂の換気扇がうるさい
  • トイレの換気扇が天井から落ちそう
  • キッチンのガス警報器が壁から落ちている
  • キッチンのシンク下がかなり下水臭い

 

文句は言っていないけれど気になったこと

  • カーテンレールが壁についていない
  • トイレの水道管が壁から離れて自由に動く
  • キッチンの換気扇が汚い
  • キッチンの排水口が汚い
  • キッチンタイルの目地が汚い

 

管理会社に直接クレームを入れたこと

  • 網戸の破れ
  • エアコン工事で出た廃棄物が置きっぱなし
  • 前の入居者のゴミが置きっぱなし

 

破損している箇所は写真で証拠を残した

日付を入れ忘れてしまったので、証拠としては薄いかもしれません。

修理業者さんが「管理会社に報告します」と言って、同じ箇所の写真を取ってくれているのでヨシとします。

 

玄関ドアの鍵が破損

札幌市でこのタイプの鍵を取り扱っているのは1社とのこと。

修理業者
修理業者
管理会社に連絡して交換してもらうといいですよ。

 

玄関鍵の破損

 

リビングのドアが閉まらない

修理業者
修理業者
リビングのドアは直ります。

 

お風呂のドアが閉まらない・サビが落ちる

修理業者
修理業者
お風呂のドアはラッチが出てこないので、電動工具を使ってドアノブごと交換です。交換すればサビも出なくなります。

管理会社ですね。

 

お風呂の蛇口から水漏れ

修理業者
修理業者
中のゴムが古くなっていたので、交換しました。

 

お風呂の換気扇がうるさい

修理業者
修理業者
うるさいですね……これも管理会社で(笑)

 

脱衣所からお風呂とトイレが繋がっているので、トイレのドアを全開にして、換気扇を24時間回しています。

おかげでお風呂は何とかなっています。

代わりに湿気を吸い込んでいるトイレの結露が激しくて、水栓タンクから滴り落ちる水滴で床に巨大な水たまりができています。

トイレのマット類がじっとりしてて本当にイヤ。

 

トイレの換気扇が天井から落ちそう

修理業者
修理業者
あー、これは天井がないです。
むっちー
むっちー
え?
修理業者
修理業者
天井の板がないので固定できないんです、管理会社ですね。

 

トイレの換気扇の脱落

 

キッチンのガス警報器が壁から落ちている

これは20日時点の様子。

開栓時にガス会社で壁に取り付けてくれましたが、直してもらった方がいいですよ?と言われていたんです。

修理業者
修理業者
これは、このまま使うしかないですね。
むっちー
むっちー
(ガス会社は直した方がいいって……)

 

ガス警報器の脱落

 

キッチンのシンク下がかなり下水臭い

修理業者
修理業者
見てみたんですけど、臭気止めしてないですね。

管理会社がやるって言わなければ……個人でやるとかなりかかります。

 

エントランスからすでに下水臭くて、消臭剤が置かれているのを発見。

臭気止めをしている部屋などないでしょうから、これは期待できない部分です。我が家も脱衣所とシンク下に消臭剤は置いているものの、まったく追い付かず。

大きなものを追加して、湿気取りも必須かな。

むっちー
むっちー
湿度は50%台なので、そんなに湿気っているわけでもないんですよ。

 

全体的にずさんだと感じる

置きっぱなしのゴミは、もちろんひどいけれど。

引っ越し前日に掃除してみたところ、細部は掃除が行き届いていなかったのでガッカリしました。

 

カーテンレールが壁についていない

年末年始に気づいたばかりです。

壁にネジを止めた形跡もなく、最初から止まっていなかったご様子。

カーテンの重さでレールが下がってきました。

カーテンレールがついてない

 

トイレの水道管が壁から離れて自由に動く

こちらも、年末年始に気づいたばかり。

他の物件での施工って知りませんけど、壁の穴ってこのくらい大雑把なんですか?

トイレの水道管

 

同じ配管で繋がっている洗濯機のパッキンは相当ゆるんでいたようで、設置してくれた電気屋さんからも「管理会社にしっかり伝えた方がいいです」と言われました。

水回りがひどいわー

 

大雑把といえば洋室の天井も。

クロスは全部貼り替えてあるので一見キレイですけど、やっぱり雑。

天井の施工が雑

 

キッチンの換気扇が汚い

古いのは仕方ないですよね。

換気扇が汚い01

 

未使用の状態で、セスキ炭酸ソーダスプレーを使っての拭き掃除。

これだけ汚れが取れるってどうなのかしら?

換気扇が汚い02

 

キッチンの排水口が汚い

小さなケチをつけているのはわかっているけれど、キッチンが汚いのって気持ちが悪いです。

菊割れゴムが不衛生極まりないので、ぶん投げて買い替えました。

こんなところに原状回復とか関係ないでしょうし、あっても知りません。

菊割れゴム

 

キッチンタイルの目地が汚い

キッチンタイルの目地は汚かったので、塗ってキレイにしました。

目地汚れを塗ったあとキッチン全体

 

賃貸契約書と重要事項説明書が届かない

年末年始を挟んでいるとはいえ、入居から2週間以上が経過。

児童扶養手当の手続きに必要なのに、「賃貸契約書」が手元になくて困っています。

一般的にどのくらいの期間で届くでしょうか。

 

修理業者さんのお話によると、この方は簡単な修理しか請け負っておらず。

大きな工事になると、見積を出して別の業者さんに回しているから僕たち知らないんですと言っていました。

今回の判断がどうなるのかも、しっかりと確認したいところです。

 

最後にまとめ

リビングのドアと、お風呂の水漏れと、ガス警報器、解決したのはこの3つだけ。

壊れ放題のお部屋には心底ガッカリしたけれど、家自体の動線や立地には満足しているんですよ。

「全部修理してください!」とも言いません。

長女
長女
お風呂のドアは直してくれないと、モモ(三女)が覗きにくるから寒いんだよ。

ここだけは直してほしい!

 

間に合わせの安い家具で生活を始めようと考えていた私に、両親は言いました。

父
これからの人生の方が長いんだから、しっかりした家具をそろえて生活しなさい。
母
そうだよー、むっちーは悪くないんだから。

こんなことで下向かないで、(買って)嬉しいものも用意して、子供たちと楽しく暮らしていかなくちゃ!

 

そんな両親の想いに感謝して、甘えて、立派な家具・家電をそろえてもらいました。

相談員さんからは少額ずつの返済なら可能と聞いているので、ゆっくりと返していきたいと考えています。

片付いたキッチン

 

私たちは、ここでずっと暮らしていたような気持ちでいます。

今までより甘えてくれる長女と、笑顔の増えた次女と、とにかくしゃべり続ける三女と、おいしく食べてしっかり眠れる毎日を過ごしています。

とても穏やかな時間がやってきました。

 

だからお願い!できるだけ直してくださいませ(。☌ᴗ☌。)

ABOUT ME
むっちー
北海道の三姉妹のお母ちゃん、シンママ1年目。 直感で動くタイプのくせに、現実見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子供たちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。