ライフスタイル

適職を知って就労活動に生かしたい!キャリア・インサイトMC(ミッド・キャリア)を体験

 

就労支援相談員との面談を始めたのは、2019年9月下旬です。
心療内科を受診して、先の方向性やペース配分を考えた上でリハビリのつもりでゆっくりと進めています。

いくら上が中学生と小学生でも、大人がひとりという心もとなさ。
心療内科の先生に指摘されるまでは「頑張れない私が劣っている」と、本気で思っていました。
離婚したくせに、生活保護を受給しているくせに、家事育児しかしていないくせに。
そうやって追い込み過ぎたみたいです。

母子家庭1ヶ月の生活費|家計簿2019年09月

 

就労支援相談というと、一般的にはハローワークです。
札幌市は他にも、区役所内に「あいワーク」という就労支援の相談窓口がありますし、札幌駅近くには「ココシェルジュSAPPORO」という子育て中の女性の就労をサポートする窓口があります。
特に「ココシェルジュSAPPORO」は相談員からもすすめられているので、時間を作って行くつもりで考えています。

今回は「あいワーク」でのお話です。
適性検査の結果が個性的で面白かったので、ちょっとしたネタ的感覚でシェアしようと思います。

むっちー
むっちー
「あいワーク」はハローワークと札幌が協力して運営している公的な施設なんです。
そこが取り扱っている検査で、こんなおふざけみたいな結果(ほめてます)が出るんだ!って感じです。

 

能力・興味から見る「職業の適性検査」の体験談

適性検査は「キャリア・インサイト」のキャリア・インサイトMCを受けています。
「キャリア・インサイト」は独立行政法人 労働政策研究・研修機構のキャリアガイダンスシステムです。

18歳から34歳程度の職業経験の少ない若年者を対象とした「Career In★Sites(キャリア・インサイト)」と、35歳以上で職業経験のある求職者の方を対象とした「キャリア・インサイトMC(ミッド・キャリア)」を開発してきました。

1.キャリア・インサイトとは?|キャリア・インサイト(総合版)

 

年齢的にはバッチリMCですが、職業経験は少ないんじゃなかろうか……┌|゚□゚;|┐

適性検査の内容
  • 能力評価プロフィール
  • 能力における職業とのマッチング
  • 職業興味評価プロフィール1
  • 職業興味評価プロフィール2
  • 興味における職業とのマッチング
  • 総合評価コーナープロフィール
  • 総合評価あなたの能力と興味
  • 総合評価での職業とのマッチング

 

検査内容・検査結果ともに詳細は省きますが、インターネット上にもある適職診断の更に具体的になったものといった感じ。
実際に考えもしないような職業がズラララーッと並びます。

 

能力評価プロフィール

自信のある領域、自信のない領域を調べています。

8つの能力
  • リーダーシップ
  • ボランティア&サポート
  • プランニング
  • スポーツ&エクササイズ
  • リサーチ&アナライズ
  • コンピュート&アカウント
  • ハンドメイキング
  • アート&クリエイト

 

能力レベル

自信度が高かったものの順にトップ3を。
「自分の感性を生かしながらオリジナリティのある新しいものを作り出したり、表現するような仕事に向いています」と出ました。

  1. アート&クリエイト
  2. ボランティア&サポート
  3. ハンドメイキング

 

能力における職業とのマッチング

  1. アートディレクター
  2. 衣装着付師
  3. イラストレーター
  4. 映画監督
  5. エステティシャン
  6. 絵本作家
  7. 演奏家
  8. ガラス成形工
  9. コック
  10. コピーライター

 

職業興味評価プロフィール1・2

本来は1と2に分かれていますが、ここではまとめて書いています。

6つの領域
  • 現実的興味領域
  • 研究的興味領域
  • 芸術的興味領域
  • 社会的興味領域
  • 企業的興味領域
  • 慣習的興味領域

 

プロフィールの詳細
  • 対情報志向
  • 対人志向
  • 対物志向

 

さらにプロフィールの詳細
  • 情報探索志向
  • 情報管理志向
  • 集団志向
  • 自己表現
  • 愛他心
  • 物作り志向
  • 自然志向

 

職業興味

関心が高い領域についてですが、ここでいう”高い”は「同じ検査を受けた他の人と比べて」というニュアンスだそうです。
こちらもトップ3ですが、抜きん出た上位2つを見る限り「周りの人々とチームを組んで知的な研究活動を行ったり、処理することが得意なタイプ」と出ました。

  1. 研究的興味領域
  2. 慣習的興味領域
  3. 芸術的興味領域

 

解説を読み進めていくと、対情報志向が高く「データや情報を取り扱うことへの関心の高さ」を示しています。
さらに掘り下げていくと、情報探索志向と愛他心が高めで「情報を集めたりまとめたりするような活動への関心の高さ」「人のためになったり役に立つような活動への関心の高さ」と出ました。

 

興味における職業とのマッチング(1位と2位の組み合わせ)

  1. 航空管制技術者
  2. 生産・品質管理技術者
  3. 鉄道運転計画・運行管理事務
  4. 一般事務員
  5. 学校事務員
  6. 給与事務員
  7. 経理事務員
  8. 広報事務員
  9. 社会保険労務士
  10. 税理士

 

興味における職業とのマッチング(1位と3位の組み合わせ)

  1. Webデザイナー
  2. 化学研究者
  3. 経済学研究者
  4. ゲームクリエイター
  5. CGデザイナー
  6. 人類学者
  7. 天文学研究者
  8. 内科医師
  9. 病理学研究者
  10. 物理学研究者

 

総合評価プロフィール

興味と能力から見た適合性です。
下記の項目を並べて、具体的にどの程度の水準なのかがひとつずつ説明されています。

  • 興味
  • 興味レベル
  • 必要とされる能力
  • 能力レベル
  • 適合度

 

まとめ
  • 興味はあるけれど自信のないものが多い。
  • 体を使うこと、屋外作業は×
  • 美術や音楽など、創作したり表現する仕事は○
  • 直接人と接するよりは、間接的に「誰かのためになること」は○
  • 交渉・指導・企画の分野は×

 

総合評価での職業とのマッチング

満足リスト:興味に関連して候補の中で能力レベルに合致する職業

  1. 工学研究者
  2. 科学雑誌編集者
  3. 雑誌記者
  4. 編集者
  5. 演出家
  6. 広告制作者
  7. 雑誌編集者
  8. 画廊店主
  9. 舞台演出家
  10. マジシャン

 

チャレンジリスト:現状の能力よりやや高めの自信度が必要な職業

  1. 茶道師範

 

条件つきリスト:満足リストにある該当職種から能力全般に関するレベルの高いもの

  1. 数学科教員(高校)
  2. 数学科教員(中学校)
  3. 経済学研究者
  4. 臨床検査技師
  5. 診療放射線技師
  6. 物理学研究者
  7. 人類学者
  8. 気象予報士
  9. 電子機器技術者
  10. 統計学者

 

適性検査の結果を受けて

もっと現実的な職業はないんかーい∑(=Д=ノ)ノ!!!

というものが上位に並びました。
マッチングの結果は多いもので35個ありましたが、さすがに全部はくどいので書いていません。

むっちー
むっちー
コメディアン・声楽家・俳優・指揮者といったビックリするようなものから、駐車場管理人・レジ係まで。
なろうと思えば何でもなれる……わけないっ!

 

相談員と結果をもとに話していて、ふと浮かんだイメージは「舞台の裏方」でした。
裏方としてお客さんの喜んでいる顔を見て達成感を得るような、そういった立ち位置に居たいんですね。
子どもの頃には学芸会や学校祭の準備が大好きで、舞台美術・音響・照明の役割が何より楽しかったことを覚えています。

リーダーを任されることは多かったけれど、自信もないので正直そこまで向いておらず
(長子という立場上、やればできるし他ができないなら私がやりますけど……みたいな)「私が考えるから誰かやって!」がちょうどいい、参謀、副部長くらいのポジションが一番能力を発揮できます。
それが今でも変わらない、だからサポート役の主婦・母親業が向いているんでしょうね。

総合評価での職業とのマッチングを見ると、理系の職業が多く、何かの研究をしたい人間のようですが(^_^;)
完全に文系で、古文の研究者になりたかったのは高校生の頃でした(成績がよかったとは言ってません)

小説家、古文の研究者、管理栄養士、PAオペレーター、(めざせる能力があったかどうかはともかく)いくつかの小さな夢も抱きましたが断念。

Profile

 

子どもの頃にやっていて楽しかったこと、原点回帰です。
相談員からは「履歴書を書くことが自分と向き合う時間になります」とも言われ、実際に学歴・職歴に始まり、取得資格の欄を埋めながら学生時代のことを思い出しました。
大人になり日々の生活に追われ、特に子育てをしていると、自分の好きなことを忘れてしまいがちです。

まさか職業の適性検査で思い出すとは予想もしていませんでしたが、これは大きなメリットで、就労に限らずこれからの生活に取り入れていけばもっと楽しんでいけますよね。

 

おまけ:ストレングスファインダーの結果

こういった検査で、少し前に流行ったのがストレングスファインダー。
すでに2年近く経っているので多少変わっているかもしれませんが、ざっくりと見た感じ適性検査の内容と大きなズレは感じませんでした。

  1. 学習欲
  2. 収集心
  3. 回復志向
  4. 達成欲
  5. 着想

 

私は「マッドサイエンティスト気質」と説明していたのですが、気持ちが悪いくらい戦略的思考力に偏っています。
とことん頭脳活動、こういうところが研究者ですよね。

 

今回の結果をもとに、とはいかないと思いますが、適性を見ながら先を進めていきます。
人それぞれですが、「好きなことで食べていく」って私は切り離した方がいいなと感じていて、おそらく慣習的なこと(事務職)を選ぶのが、過去の職業経験から見ても妥当だろうと考えています。

社会人としてのブランクは14年近くなりますが、ただの空白ではなく、家事育児を必死でやってきた私の経験がぎっしり詰まっています。
役に立つかはわかりませんが、無駄にはしません。
今はまだ仕事を中心の生活には戻れませんが、ゆくゆく自立へと繋がる選択をしていけるよう、リハビリ生活を続けていきます。

しかし、誰かを喜ばせたい気持ちがコメディアンやマジシャンを引っ張り出すとは(笑)

ABOUT ME
むっちー
北海道の三姉妹のお母ちゃん、シンママ1年目。 直感で動くタイプのくせに、現実見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子供たちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。