その他雑記

ダイエットの記録|タニタの社員食堂レシピで5ヶ月で9kgのダイエットを成功させた話

 

2011年夏、元夫のダイエットに本気で取り組んだことがありました。

タニタ食堂のレシピ本が、テレビなどでもよく取り上げられていた頃のことです。

 

備忘録にもならない(今となっては他人の)ダイエット日記ですが、それなりに成果も出ている真面目な記録です(笑)

取り入れたことはざっくりと記録しています。

お暇な方はお付き合いくださいね。

 

元夫のタニタ式ダイエットの記録

ダイエットのきっかけ

2011年3月、元夫は年度末ギリギリで健康診断を受けました。

結果を受け取る機会がないまま夏になり、その結果を見てかなりショックを受けたことがきっかけです。

むっちー
むっちー
子どもがいるのに早死にされては困る

 

元夫の職業はSE(システムエンジニア)です。

結婚前も結婚後もそうですが、仕事に追われる日々の中で、食生活が乱れることは大きな原因となります。

結婚後も職業柄改善されない部分、自己管理ができていなかった部分はたくさんあります。

 

2000年4月に就職してからの11年で14kg増です。

 

健康診断は惨敗続き

健康診断の結果は、結婚前のものもすべて残してありました。

着色されている箇所が「何かしらの異常」と思ってみていただければ、そのヤバさだけでも通じるかしら。

 

入社当時は74kgでした。

結婚前は出張のたびに太り、結婚後は私が子育てに追われて管理がずさんになるたびに太り、あわせて中性脂肪が高くなってきます。

毎年必ず何かは引っ掛かっていましたが、元夫は再検査も精密検査も受けたことはありません。

 

2009年10月にマイホームを新築、通勤時間が長くなったことで歩くことは増えたものの、その分帰宅が遅くなると食事の時間も押してしまいます。

じわりじわりと体重は増えていきました。

 

中性脂肪とあわせて、気になるのは肝機能検査です。

こちらも大いにひっかかっていますし、特にGPTに関しては入社以来ずっとです。

こちらも中性脂肪と同時期に一度落ち着いたものの、急増しています。

 

元夫は飲酒・喫煙をしません。

原因がそこにないことはハッキリしていますが、それだけに逆に難しい場合もありますね。

 

病気への進行が心配される

この結果は、いくらでも病気へと繋がります。

  • 脂肪肝
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 肝臓ガン
  • 高脂血症から動脈硬化
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞

 

30代は社会的にまだ若いのですが、楽観視できる状態ではありませんでした。

だからといって生活習慣の見直しは、本人のやる気が大きく影響するところです。

当時の出社時間は7時過ぎ、帰宅時間は22~23時、日頃運動などしない元夫は生活に運動を取り入れるという意識がありません。

 

私にできることは食事療法、改善されないのなら薬物療法。

まずはやってみるべし。

 

ダイエットをサポートする環境作り

食生活に関する資格を取ってみよう

当時の私は、食に関する勉強をしたいと思っていました。

子育て優先の生活の中で、金銭的なことが気になって諦めていたのです。

一方でそれが役立つとわかっているのだから、ためらう必要はないとも思えるようになりました。

 

数ヶ月ののちに、ダイエットと同時進行で「食生活指導士2級」の資格を取得しました。

順調には進まず期間の延長もしましたが、やってよかったです。

>>>女子栄養大学 生涯学習センター

 

体脂肪計の購入

我が家にあったのは10年モノの体重計だったので、体脂肪計を購入しました。

 

早速測ってもらったデータが以下の通りになります。

  • 内臓脂肪レベル:13.5
  • 体重:89.1kg
  • BMI:29.9
  • 体脂肪:26.9%
  • 筋肉:61.8kg
  • 骨量:3.4kg
  • 基礎代謝:1877kcal/日>
  • 体内年齢:43歳
  • 体水分:52.8%
  • 体内年齢:43歳

 

元夫は筋肉量がかなり多めで、調べてみると「固太り型」の典型的な体型のようでした。

特に下半身が元々太く、太ってくると股ずれが酷くなるのでパンツ類は穴が開いてしまいます。

裾でも膝でもなく、一番傷むのは股。

 

ダイエットの記録[2011.08-2011.12]

2011年8月

お盆休みがありました。

連休があると運動量が落ちること、帰省をしたために食事量が増えることなど、ダイエットには不向きですが目をつぶることに。

 

8月1日:89.1kg → 8月31日:87.3kg

  • 内臓脂肪レベル:13.3
  • 体重:88.2kg
  • BMI:29.6
  • 体脂肪:26.6%
  • 筋肉:61.4kg
  • 骨量:3.3kg
  • 基礎代謝:1865kcal/日
  • 体内年齢:42歳
  • 体水分:52.8%

 

2011年9月

9月は中旬に突然の高熱が1日、その後数日の体調不良がありました。

次女から伝染った手足口病が原因だったようです。

仕事で遅くなるため食堂で晩ゴハンを済ませた日、飲み会で食べてから帰宅した日など、ノーカウントの日が数日あります。

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)

 

フォースコリーを飲み始めました。

晩ごはんの白飯を120g、昼ごはん(お弁当)を185gにしています。しっかり計測するようにしました。

 

8月31日:87.3kg → 9月30日:85.5kg

  • 内臓脂肪レベル:13.3→13.0
  • 体重:88.2kg→86.4kg
  • BMI:29.6→29.0
  • 体脂肪:26.6→26.0%
  • 筋肉:61.4→60.6kg
  • 骨量:3.3→3.3kg
  • 基礎代謝:1865→1837kcal/日
  • 体内年齢:42→41歳
  • 体水分:52.8→52.9%

 

 

2011年10月

この1ヶ月では、前の2ヶ月よりグッと落ち始めています。

コースフォリーの効果でしょうか? 相変わらず運動量の落ちる週末には少し戻って、週明けにガツンと落ちていきます。

お弁当の白飯を185g→175gにしました。

 

9月30日:85.5kg → 10月31日:82.7kg

  • 内臓脂肪レベル:13.0→12.4
  • 体重:86.4→84.2kg
  • BMI:29.0→28.3
  • 体脂肪:26.0→25.1%
  • 筋肉:60.6→59.8kg
  • 骨量:3.3→3.3kg
  • 基礎代謝:1837→1806kcal/日
  • 体内年齢:41→39歳
  • 体水分:52.9→53.1%

 

健康診断が終わった

  • 2011年3月31日:88.8kg
  • 2011年11月15日:81.8kg

 

公式記録は7.0kg減、素晴らしいです。

 

2011年11月

停滞期がきましたが、先月が減り過ぎたくらいなのでちょうどいいかもしれません。

この1ヶ月は帰宅時間が遅かったり、休みが不定期だったりと生活リズムはガタガタでした。

お弁当の白飯を175g→170gにしました。

 

10月31日:82.7kg → 11月30日:82.1kg

  • 内臓脂肪レベル:12.4→12.1
  • 体重:84.2→82.6kg
  • BMI:28.3→27.8
  • 体脂肪:25.1→24.4%
  • 筋肉:59.8→59.3kg
  • 骨量:3.3→3.2kg
  • 基礎代謝:1806→1787kcal/日
  • 体内年齢:39→37歳
  • 体水分:53.1→53.5%

 

健康診断の結果が届いた

体重(BMI)が経過観察ということを除いて、オールクリアです。

主に食生活の改善しかしていないのですが、公式では7kg減までダイエットできました。

いかに食が大切かを実感できますね。

 

2011年12月

この1ヶ月の間に出向先が変わり、交通機関を使うことが多くなりました。

引き続き帰宅時間は遅いです。食事の量は変わらず、運動量も減ってはいますができる範囲で継続しています。

もう何年もきつくて着られなかったTシャツやジーンズ、スッキリと着ている姿に感動しました。

 

11月30日:82.1kg → 12月31日:80.3kg

  • 内臓脂肪レベル:12.1→11.6
  • 体重:82.6→80.9kg
  • BMI:27.8→27.2
  • 体脂肪:24.4→23.1%
  • 筋肉:59.3→59.0kg
  • 骨量:3.2→3.2kg
  • 基礎代謝:1787→1774kcal/日
  • 体内年齢:37→34歳
  • 体水分:53.1→53.5→54.4%

 

最後にまとめ

89.1kgから80.3kgまで、約9kgのダイエットに成功しました。

続けている間に感じたことですが、やはり何事も本人がどれだけやる気になるかです。

食生活の改善だけでもそれなりの結果が出ることはわかりましたが、生活習慣病の予防には当たり前ですが生活習慣の改善が必須ですね。

そして細く長くでいいので、継続することが大切です。

 

数年後に元夫は痛風になった

2012年12月の健康診断から、高尿酸検査と糖代謝検査が追加。

もれなく引っ掛かっていたのですが、ほったらかしにした結果2016年7月に痛風を発症してしまいました。

服薬をやめると尿酸値が爆上がりするとわかっていながら、数ヶ月ののちに治療を放棄したまま再開することはありませんでした。

むっちー
むっちー
離婚もしたし、元夫の健康状態など私には関係ないこと。
ただ子どもたちの父親としては、ある程度まで元気でいてほしいものですね。

 

【蛇足】元嫁はストレスで痩せたのでデブエット中

ストレスが胃腸にくるタイプの私。

ここ数年のストレスと、とどめの離婚でベスト体重から5kg減のままです。

苦手の筋トレのためにカーブスに通い始め、毎日プロテインを飲み、食生活も見直しながら増量をめざしていますが難しいものですね。

 

そもそも胃腸が弱いと、食べて太ることができないんです。

摂取カロリー<消費カロリーでは痩せる一方。

 

痩せすぎも太り過ぎもよくありません。

私の目標は体力低下にストップをかけること、子どもたちを育てていくためにも体を大切にしなくては!

ABOUT ME
むっちー
北海道の三姉妹のお母ちゃん、シンママ1年目。 直感で動くタイプのくせに、現実見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子供たちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。