ライフスタイル

パッと検温15秒のけんおんくん|OMRON(オムロン)

 

小さな子どもの体温を測るのって、時に大仕事。

大人しく測らせてくれる子はいいけれど、反り返って大泣きする子だと正しい体温が測れずに何度もやり直し。

診察の前にぐったりです(;´Д`)

むっちー
むっちー
水銀体温計で測ってた昔の親たち、それだけでエライよね。

 

ところが今の体温計って、結果が出るまでが本当に早い。

数年振りに買い替えた体温計「けんおんくん」のおかげで、子供の体調不良に寄り添うストレスが減ったよ!というお話です。

 

電子体温計の「けんおんくん」を使ってみた

三女3歳10ヶ月、初めて数日続く熱を出しました。

検温慣れしている三女なのでイヤがることはないものの、検温のたびに2分3分と時間を取られることはストレスでした。

そこで、新しいものを買うことにしたんです。

 

オムロン 電子体温計 MC-687

正直、どのメーカーも似たり寄ったり。

これぞ!という決め手がなかったので、「元値は一番高いのに、割引で他より安くなっているもの」を選んできました(笑)

電子体温計MC-6897

 

「けんおんくん」は、わき専用の体温計です。

>>>電子体温計 MC-687 けんおんくん|オムロンヘルスケア 商品ページ

  • 音と光で検温終了をはっきりお知らせ
  • フラット感温部
  • 前回値メモリ
  • オートパワーオフ
  • 電池交換可能
  • 収納ケース付き

 

取扱説明書によると、本来わきの下で正しい体温を測るためには約10分必要なのだそう。

それを検温開始から体温の上がり方を分析・演算することで、約15秒で10分後の体温を予測できるんですね。

むっちー
むっちー
子どもって、体温計がキチンと入っているかわからないんです。
我が家ではお熱を測る時に「こちょこちょゾーンにささってる?」とわきをツンツンしてから、わきを閉じてもらいますよ。

くすぐったかったら、正解ね。

 

気になった点

音と光で検温終了をはっきり・・・・お知らせという割には、音が小さいです。

 

実測検温の場合

性格な体温を測る必要がある場合です。

約15秒後に予測検温が終わっても、そのままわきにはさみ続けます。

予測検温開始から約3分後に実測検温表示に切り替わり、約10分後にブザーが鳴ると実測検温の終了です。

 

新旧体温計の比較をしてみる

機能はどのくらい違うのかしら?と思い比較してみたのですが、大差ありませんでした。

オムロン MC-687 シチズン CT422
Amazonでの取扱開始 2017年9月 2008年1月
商品重量(電気含む) 約10g 約14g
電池 LR44 LR41
測定方式 予測式+実測式 実測式
測定部位 わき わき・口中

 

大きく違うのは、予測機能があるかどうか。

前回値メモリ・オートパワーオフ・電池交換可能・収納ケース付き、このあたりはこれまで使っていたシチズンの体温計も同じです。

むっちー
むっちー
予測機能があることで、お値段は3倍以上でしたけど。

 

最後にまとめ

ストレスだったのは、測定時間ばかりじゃありませんでした。

三女の度重なるイタズラ(おもちゃにして遊ぶ)のせいで、すっかりボロボロになっていた体温計……ケースは割れて、表示は乱れ。

電池交換のタイミングだったので、これは買い替え時だなと。

電子体温計MC-6897

 

予防接種前の検温ならともかく、誤差範囲はOKよ!って時にはパパッと済んだ方がラクに決まってますよね。

6月に入ったので、プール授業の朝にひと仕事してもらいましょう!

体調不良での活躍は当分控えてほしいものです(;^ω^)

ABOUT ME
むっちー
北海道の三姉妹のお母ちゃん、シンママ1年目。 直感で動くタイプのくせに、現実見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子供たちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。