ライフスタイル

のどごしスッキリ「水出しコーヒー」2種類を飲み比べ|タリーズコーヒー

 

夏のコーヒーブレイクに、おすすめしたいのがのどごしスッキリの水出しコーヒー。

コールドブリューコーヒーとも言います。

今回はタリーズコーヒーの「エレファント ルビー ラオス」「オリジナルブレンド」を飲み比べた感想をレポートです。

 

タリーズの水出しコーヒーは2種類

タリーズジップス コールドブリューコーヒー

エレファント ルビー ラオス

エレファント ルビー ラオス、季節限定の商品です。

  • 4袋入:900円(税込)
  • 1袋:230円(税込)

 

ひとくち飲んでの感想は「コーヒーを感じさせない丸い味」

苦味などが一切なく、口当たりのよさが抜群によかったので、コーヒーが苦手な方でも飲めるかな?という印象でした。

逆にコーヒーの深みが欲しい方には物足りないかも。

『水出し』ならではのマイルドさはもちろん、フルーティーな風味も感じられ、夏らしいスイーツとのペアリングにもおすすめです。

タリーズジップス コールドブリューコーヒー エレファント ルビー ラオス

 

オリジナルブレンド

オリジナルブレンドは、店内で提供されている水出しコーヒーと同じです。

  • 5袋入り:980円
  • 1袋:210円

 

こちらはコーヒーらしいコクと、ほんのりと苦味を感じられました。

いい意味で「定番の味」です。

ブラジルとグァテマラ産のコーヒーをメインに、エチオピア産ゲイシャ種をブレンドし絶妙な味わいに仕上げました。まろやかな飲み口と深いコクや甘みはもちろん、華やかな香りとベリーのような風味を感じられます。

タリーズジップス コールドブリューコーヒー オリジナルブレンド 

 

どちらも試飲して散々悩んだあげく両方お買い上げ、お手軽に楽しみたかったのでコーヒーバッグを選びました。

 

コールドブリューポット選びに失敗した

タリーズコーヒーはグッズもかわいいですよね。

でも、専用ボトルのオススメはされませんでした(笑)

 

店員さん
店員さん
麦茶を作るボトルの中に、コレ(コーヒーバッグ)を入れてもらえたらできるので。
簡単ですよー!

 

それならばと、適当な大きさの麦茶のボトルをお買い上げ。

タリーズの専用ボトルの容量は700ml、1リットル前後ならOKかな?と適当なことをしたら、このコーヒーバッグ1袋での抽出量は350~400mlでした(ここ大事!)

せっかくの茶こしつきが役立たず┌|゚□゚;|┐ガーン!!

むっちー
むっちー
400mlで作ってみましたが、私はもう少し薄い方が好みです。

 

タリーズのコーヒーバッグ

 

アイスコーヒーと水出しコーヒーの違い

豆の種類や挽き方の違い、抽出方法の違い、いろいろあって長くなりそうなので「など」で濁します。

ざっくりと説明すると、アイスコーヒーは濃いめに入れたホットコーヒーを氷で急冷したものなど。

水出しコーヒーは水でゆっくりと抽出したものなどです。

下記のような違いがあります。

アイスコーヒー 水出しコーヒー
苦みや香りがしっかりと感じられる 雑味がなく風味がまろやか
抽出時間が短い 抽出時間が6時間程度かかる
冷やすための氷で薄まってしまう 熱を加えないので酸化しにくい

 

最後にまとまらない

水出しコーヒー、ストレートでそのままグビグビといけてしまいます。

本当にオススメなのは間違いありませんが、この日私が選んだのは季節の新商品「グレープフルーツセパレートティー」でした。

グレープフルーツもアールグレイも大好きなので(´∀`*)

 

店員さんに言われたとおり、グルグルとよくかき混ぜてひとくち。

サラッとした口当たりで爽やか、適度な酸味と、甘味と、スッキリとしたのどごし……って冒頭から同じことを言ってますね(笑)

暑い季節の飲み物に求められるのは、コレなんでしょうな。

タリーズのグレープフルーツセパレートティー

駅が近かったので、電車を眺めながら飲んでみた。

 

季節限定といえば、この時期はチョコリスタもおなじみですね。

チョコリスタに関しては、飲み物というより「スイーツを飲んでる」って表現がぴったりのような。

+100円でタピオカをトッピングできるそうですが、タピオカっておいしいのかな?

 

真夏でもホットコーヒー派ですが、今年は水出しコーヒーを楽しみたいと思います。

お近くにタリーズコーヒーの店舗があったら、ぜひぜひ!

ABOUT ME
むっちー
北海道の三姉妹のお母ちゃん、シンママ1年目。 直感で動くタイプのくせに、現実見過ぎて足が止まるのはトシのせいか。 子供たちは中学生・小学生・幼稚園児、毎日が体力勝負だけれど笑顔で楽しむスタイル。